mark w tiedemann hotel architect

Mark W Tiedemann, AIA

CEO

12歳の時、マークはドイツから移民してきた父親の下で建設業の仕事を始めました。コミュニケーション、ハードワーク、より良いものを速く作るために誰よりも先に考えることの重要性など、様々なことを父親から学びました。
15歳の時、マークは競輪選手としてアメリカとカナダで常に上位3位以内に入り、コロラドスプリングスのオリンピックトレーニングセンターで生活していました。冬の間、彼はインドアスピードスケートの選手として出場し、1983年にはコロラド州のインドアスピードスケートのジュニア男子チャンピオンにもなりました。その後、がんと闘う子供たちのために資金を集めるため、マラソンランナーとなり、ウォルト・ディズニー・ワールド、ロサンゼルス、パリ、ワシントンDC、サンフランシスコ、サンディエゴの各マラソン大会を完走しました。
マークは1990年、24歳の時に白血病と診断され、同年、骨髄移植に成功しました。幸いなことに、弟のトーマスがドナーとなることが出来たのです。
この人生を変える出来事の後、マークは特別なものを創造したいという使命を持ち、建築という領域で自分の人生を生きることを決めました。当初、ニューヨーク、コロラド、ノースカロライナ、さらにはフォードプランテーションで何百もの住宅を設計し、その設計技術を磨き続けました。1994年にマークがライセンスを取得すると、建築会社から本当の情熱であるホテルおよびリゾートの設計に移りました。

1994年以来、マークの目標はホテルへのアプローチを絶えず磨き抜いてゆくことです。今日、効率性、バリューエンジニアリング、そして素晴らしいクライアントとの関係性という高度に専門化された芸術を作り上げています。

Mark W Tiedemann (far right), on Hunter Conference 2019 Panel - Hotel Development
Mark W Tiedemannは、マリオット・マーキス、アトランタ、ジョージア州で開催されたハンターカンファレンス2019のパネル「ホテル開発 - 関わった人々から」のスピーカーとして参加しました。

マークはフィンランドのトゥルクでロイヤル・カリビアン・インターナショナル・ネイバル・アーキテクトとの会合とエンジニアリングの研究を他のホテルやリゾートプロジェクトに応用しており、BIMソフトウェアであるゲイリーテクノロジーとのパートナーシップを含めて、設計と計画の効率化を実現しています。ドバイで中国の請負業者と仕事をしていた時にも、多くのホテルやリゾートプロジェクトで使用されるプレハブのスチールスタッドフレームシステムを開発し、応用することに成功しました。
マークはボブ・コンジェルやブルース・ケナンと共にニューヨーク州シラキュースのディスティニー・プロジェクトのような数百万ドルから数十億ドル規模の開発に携わってきましたが、建築業界の偉大なリーダーたちとの経験は、すべて将来の開発のための大きな収穫となりました。
AAHOA(アジア系アメリカ人ホテルオーナーズ協会)、ハンター会議、ロッジング会議などのホテルやホスピタリティ投資のトレードショーでは技術やスキルを可能な限りオープンにしています。
20年間で世界中で450件以上のホテルやリゾートプロジェクトを完成させてきたマークは、デベロッパーやオーナーに建設を最大限に生かすためのスキルを磨き上げてきました。。 土地計画から構造工学まで、あらゆるスキルをクライアントに提供しています。MWTアーキテクツはシャーロット、ダラス、ラスベガス、ニューヨーク、ジャカルタにオフィスを構えています。

レッツ・コネクト

私共は、お客様の願望を実現できることを願っております。お客様のビジョンをインスピレーションとし、共にデザイン創っていきましょう。

error: